バリアフリーリフォームについて

「バリアフリーリフォーム」には様々な支援があるのをご存知ですか?



介護保険が工事費用の9割、又は8割を支給


介護が必要となった場合、住まいのバリアフリー化は緊急課題です。

そのために要介護者、または要支援者がバリアフリー工事を実施する場合に、介護保険によりその費用の9割、又は8割が支給されます。

「高齢者住宅改修費用助成制度」を利用してバリアフリーリフォームを進めましょう


受給対象者および助成額

受給に関しては、以下の条件を満たす方が対象になります。

1.要介護認定で「要支援・要介護」と認定されていること

2.改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、本人が実際に居住していること

3.助成額の限度は工事費用最高20万円(支給額18万円)

 ※工事費の9割を保険から支給


支給対象となるリフォーム工事の種類

手すりの取り付け・段差の解消・滑りの防止及び移動の円滑化のための床材の変更・引き戸等への取り換え、・洋式便器等への便器の取り換え・その他、住宅改修に付帯して必要となる住宅改修


支給を受け取るには

下記の必要書類をそろえて、市町村の介護保険課に届け出ます。

1.領収書(本人名義)

2.工事費内訳書

3.改修完了確認書(改修前・後の写真を添付)


必ずケアマネージャーにご相談のうえ、市の長寿介護課で事前申請を行ってください。

なお、利用者がいったん全額を支払った後に利用者負担割合に応じた保険給付額(9割または8割)の給付を受ける「償還払い」と、利用者が市に届け出をしている事業者に利用者負担額(1割または2割)のみを支払う「受領委託支払い」があります。

利用者負担割合は工事完了後で「領収書記載日」時点における負担割合を適用します。口座引き落とし等、本人の責めに帰すことにより利用者負担割合が変更になって本人に負担が生じる場合は、市役所にご相談下さい。