外壁塗装に関して

後悔しない「外壁塗装」とは?


家の壁は日ごろ意識することはほとんどありませんが、大活躍の繰り返しです。

砂埃にさらされ、酸性雨や紫外線を浴び続けています。実は毎日かなりの負担を強いられていて、日々頑張ってくれているのです。

一般的に、外壁の塗り替え時期として適しているのは、家を建ててから約10年目位だといわれています。

定期的に外壁を塗り替えることによって、家の美観を維持できますし、家の耐用年数が延びるため住宅の資産価値も高まります。

では、外壁の塗り替えを万が一怠ったとしたらどうなるか?ということを考えてみましょう。


外壁の塗り替えは、家を長持ちさせるために欠かせない


・・・とは言え、家の外壁の痛みが目に見えて分かる時以外は、なかなかその必要性を感じることができないと思います。

「何のために外壁を塗り替えるのか?」「塗り替えないとどうなるのか?」という事を考えてみましょう.

『補強し劣化を防ぐ』

外壁は、常に負担がかかっていて思った以上に劣化しています。どうすることもできない状況になってからでは遅いのです。


『雨漏りなどの水の浸入を防ぐ』

今現在雨漏りしていない場合は必要ないと感じるかもしれませんが、雨漏りする前にちゃんとフォローしてあげることが大切です。


『家を長持ちさせる』

築10年を目安に外壁のフォローをしてあげることにより、家は3倍長持ちするといわれています。


『トータル費用を安く抑える』

どうしようもない位になってから外壁の補修、塗り替えをするようでは、その修理費用は膨大なものになります。そうなる前に塗り替え時期を見逃さず、定期的に塗り替えをすることで費用を抑えることができます。


外壁をまじまじとチェックしたことのある人はものすごく少ないと思います。でも8年目あたりから、月に1度くらいは自宅の外壁をぐるっと一周チェックするべきです。

少しでも早い劣化・傷みの発見が塗装費用の節約につながります。その際の外壁のチェック項目をまとめてみましたので是非参考にしてみて下さい。

外壁の傷み・劣化のチェック項目

○ひび割れがある    ○塗装が剥がれている      ○外壁に汚れが付着している

○外壁が色あせている  ○塗装が膨れている部分がある  ○カビが発生している

○藻が発生している   ○サビがある          ○腐食しているところがある

○チョーキングの発生

(※チョーキング・・・外壁の表面を手で擦った時に手に白く粉が付く現象のこと)

外壁塗料の種類

外壁塗装の種類で知っておきたいことは塗料についてです。

外壁使用される塗料の主成分はいずれも合成樹脂で、そこに含まれる物質によって仕上がりの見た目や耐久性が変わってきます。

長持ちする外壁塗装にするには塗料の耐用年数(耐久度)だけでなく、外壁塗装に関わるすべての耐用年数を知っておく必要があります。


◇アクリル系塗料◇

耐用年数:4~7年

㎡単価相場:¥1,000~1,200

・耐用年数は比較的短いがコストパフォーマンスが高い

・汚れやすく耐久性に劣る

・現在は使用されることはほぼない


◇ウレタン系塗料◇

耐用年数:6~10年

㎡単価相場:¥1,800~2,000

・耐用年数は安定している

・コストパフォーマンスが高い

・汚れ、色褪せ、耐久性、施工性などバランスが良い

・シリコンの次によく使われる外壁塗料


◇シリコン系塗料◇

耐用年数8~15年

㎡単価相場:¥2,500~3,500

・耐久年数に信頼のある外壁塗料

・住宅の屋根、外壁の塗り替えで最も多く使用されている

・汚れや色落ちに強い、防カビ性、防藻性など、高い性能がある


◇ラジカル系塗料◇

耐用年数:8~15年

㎡単価相場:¥2,500~3,500

・耐用年数に信頼のある外壁塗料

・2015年に発売された新しい塗料

・シリコン同様、コストも低い


◇ピュアアクリル塗料◇

耐用年数:12~15年

㎡単価相場:¥3,500~4,500

・耐用年数レベルは高い

・防水性に優れている

・値段が高い為、塗装面積が多いとコストもかかる

・冬場は乾燥しにくい為、工期が長くなる可能性もある


◇フッ素系塗料◇

耐用年数:15~20年

㎡単価相場:¥3,500~4,500

・耐用年数レベルは高い

・耐用年数は最も優れているがコストが高い

・主に商業施設や大きなビルなどで使用されている

・光沢感と防汚性も高い

・近年は住宅の外壁用としても使われている


◇セラミック塗料◇

耐用年数:10~15年

㎡単価相場:¥5,000~5,500

・セラミック成分が入っている塗料 (セラミック100%の塗料は存在しない)

・奥行き、立体感のある外壁に仕上げることができる

・耐熱効果や汚れにくい効果をもっている


◇光触媒塗料◇

耐用年数:10~15年

㎡単価相場:¥5,000~5,500

・耐用年数に信頼のある外壁塗料

・雨や太陽の光など、自然の力でキレイにしてくれる効果がある

・外壁塗装工事のコストがかかる


◇遮熱系塗料◇

耐用年数:15~20年

㎡単価相場:¥5,000~5,500

・耐用年数レベルは高い

・熱を反射してくれる効果があり、室内を快適に保ってくれる

・省エネやエコなど環境問題にも配慮

・自治体によっては補助が受けられる場合がある


塗料の選び方について


塗料を選ぶ際には、目的にあった塗料を選ぶことが大切です。

同じ素材の塗料でもメーカーによって塗料の特徴は異なるため、選ぶ塗料によって塗り替えサイクルも変わり、どの塗料があなたにとってベストな選択なのかを考える必要があります。

塗装業者から最善の提案を引き出すためには、あなたの目的や優先順位をしっかり伝えることが大事です。塗装を依頼する前に、次のポイントについて考えを整理しておきましょう。

予算いくらまで出せますか?
塗装の範囲屋根や雨戸、雨どいなども塗りますか?
付加機能遮熱、断熱、防水、光触媒機能などは必要ですか?
どんな色調の外壁にしますか?
修繕箇所特に気になっている箇所はありますか?
メンテナス期間耐久年数はどのくらいを期待しますか?

条件を塗装業者へ伝える場合


希望の条件が決まり、複数社に見積りをしてもらう際はどの業者に対しても同じ条件で伝えないといけません。相見積りは同じ条件でこそ生きるものです。

必ず同じ条件で伝えることを覚えておいて下さい。


もし迷ったらシリコン塗料がオススメ


塗料の種類の中で、一番人気なのがシリコン系塗料です。価格と耐久性のバランスが良く、コストパフォーマンスに優れています。

現在、外壁塗装工事をされる多くの方に選ばれていますが、ひとくちにシリコン系塗料といっても次のような種類があり、仕上がりも異なります。

水性1液型耐久性や密着性は油性と比べると劣り、ホームセンターなどで売られている水性塗料と同等品です。
大手メーカーが主に使っている塗料で、扱いやすく環境への負担が少ないという特徴があります。
安い

溶剤(油性)1液型水性塗料より耐久性が高く、現在主流となっている塗料です。一般的な塗料店でもっとも使われています。
ホームセンターなどで売られている油性塗料と同等品です。



溶剤(油性)2液型使用する際に、硬化剤を混ぜる必要があります。耐久性、密着性ともに水溶1液型、溶剤1液型よりもはるかに優れている塗料です。塗料のプロが使用する一級品といえます。

高い

外壁だけでなく、雨どいや雨戸などの付帯部分にいたるまで、すべての箇所に質が高い溶剤2液型を使用すると、素晴らしい仕上がりになります。

しかし、溶剤2液型は硬化剤を混ぜるという手間がかかるので、外壁だけに溶剤2液型を使い、付帯部分には溶剤1液型を用いる業者もたくさんあります。

こういった現状も認識したうえで、細かいところまで目を配る必要があります。