和室

和室のリフォームといえば畳の交換、壁や天井の張り替え、障子やふすま紙の交換などがあります。最も多いのは畳の交換で「裏返し」、「表替え」、「新畳」といった方法があります。壁は壁紙の交換や壁土などの塗装を行います。天井については、壁紙や塗装に加え、薄い木材を使った加工もあります。

最近の住居では、和室のない間取りも珍しくはありませんが、和室独特のくつろぎ感や雰囲気の良さが見直されて、リフォームで新たにモダンな和室を設置することもあります。個別のリフォーム事例を見ながら価格について確認していきましょう。

※総額は機器代金・材料費・工事費用、また諸経費や一般的な下地処理・解体・撤去費用等も含んだ参考金額です。機器・材料・工事費用などは一般的な事例であり、実際の住居の状況や必要諸経費などで変わってきます。

金額別リフォーム事例

2~5万円で出来る事例


・3万円~

ふすま紙と3枚の障子紙を新しく交換

6~12万円で出来る事例


・10万円~

6畳分の畳(畳表と畳床)

6~20万円で出来る事例


・12万円~

6畳間の天井と壁紙を新しく

10~60万円で出来る事例


・40万円~

4畳半分の畳小上がりをリビングに

畳は、吸湿性、吸音性、断熱性にも優れた特性があり、快適な空間を実現することができる床材として再評価されています。

伝統的な和室はもちろん、縁なしの「琉球畳」を取り入れたモダンな和室も人気です。またリビングと和室の仕切りをなくし、リビングの一部を畳コーナーにするリフォームでは部屋の一体感がありつつ空間にメリハリが生まれます。