トイレ

日常的に何度も使うトイレは、清潔で使いやすい癒しの空間に仕上げたい場所です。

トイレのリフォームで多いのは便器の交換です。既存の洋式便器を使って暖房・温水洗浄機能付き便座(ウォシュレット・シャワートイレなど)を取り付けるだけなら、機器代と設置費用だけなのでそれほど高くありません。便器自体を新しいものに交換する場合は、リフォーム費用の多くを便器が占めます。便器と便座だけのシンプルなものであれば5~10万円、脱臭や・暖房・温水洗浄機能が付いたスタンダードなもので10~20万円、タンクレス・自動ふた開閉・全自動洗浄など高機能なものだと20~30万円が目安になります。和式のトイレを洋式に変更する場合は、基礎部分からの工事が必要になるのでやや大掛かりになります。

※総額は機器代金・材料費・工事費用、または諸経費や一般的な下地処理・解体・撤去費用なども含んだ参考金額です。機器・材料・工事費用などは一般的な事例であり、実際の住居の状況や必要経費などで変わってきます。

金額別リフォーム事例

5~10万円で出来る事例


・8万円~

暖房温水洗浄便座を取り付け



20~60万円で出来る事例


・25万円~

便座交換、内装も新しく


・56万円~

便座交換、手洗いを設置して内装も新しく

30~80万円で出来る事例


・55万円~

和式から洋式に変更

手洗いをつけて内装も変更

一見高く見えても、最新のトイレに変えることお手入れがしやすくなったり、節水効果があったりとトータルではお得になることが多いといわれています。

また節水型トイレと一緒に他の水回りもリフォームを行う場合や、バリアフリーリフォームの対象となる場合、国や自治体が給付している助成金や補助金を利用すれば自己負担を少なくできることもあるのでご相談ください。