風呂・浴室

風呂・浴室には「従来工法」と「ユニットバス」の2種類があります。

「従来工法」はオーダーメイド、「ユニットバス」は規格品を使った風呂・浴室のことです。

既存の風呂・浴室がどちらなのか、またリフォームをどちらで行うのかで工事の内容や費用が変わってきます。とくに「従来工法」は、要望が多ければ多いほど費用がかさんでいきます。

総額は機器代金・材料費・工事費用、また諸経費や、一般的な下地処理・解体・撤去費用なども含んだ参考金額です。機器・材料・工事費用などは一般的な事例であり、実際の居住の状況や必要諸経費などで変わってきます。

金額別リフォーム事例

3~20万円で出来る事例


・3万円~

シャワーヘッドとシャワー水栓を交換


・15万円~

浴室暖房乾燥機を新たに取り付け

20~60万円で出来る事例


・30万円~

浴槽交換・下地処理


・40万円~

給湯器を交換して浴槽を広くする

60~100万円で出来る事例


・90万円~

ユニットバスを丸ごと交換

100~200万円で出来る事例


・130万円~

従来工法のお風呂をユニットバスに変更

浴室は体の汚れを落とすだけでなく、一日の疲れをリフレッシュする癒しの空間なので、清潔で快適に使いたいものです。最新のユニットバスはお掃除がしやすく、快適に過ごせる機能が充実しています。

浴室のリフォームは快適性のほか、光熱費や安全面も含め比較検討することが重要となります。