屋根塗装・屋根

屋根のリフォームには「塗り替え(塗装)」、「重ねぶき(カバー工法)」、「ふき替え」の3種類があります。屋根の素材や塗料にもよりますが、7~10年で「塗り替え」を行い、15~20年で「ふき替え」というのが大まかなリフォームのサイクルです。屋根の状況や劣化具合、以前のリフォームからの年月を考慮して最適な工法を選ぶ必要があります。費用は「塗り替え」、「重ねぶき(カバー工法)」、「ふき替え」の順に高くなります。いずれの場合も屋根の広さや形状、使用する素材によって費用は大きく異なります。

屋根のリフォームでは塗装工事だけでも足場を組む必要があるため、同じく足場が必要な外壁塗装や外壁の張り替えと合わせて行うことが多いようです。

※総額は機器代金・材料費・工事費用、また諸経費や一般的な下地処理・解体・撤去費用等も含んだ参考金額です。機器・材料・工事費用などは一般的な事例であり、実際の住居の状況や必要諸経費などで変わってきます。

金額別リフォーム事例

20~65万円で出来る事例


・40万円~

屋根の塗装


・50万円~

屋根の塗装と破風・棟の補修

100~150万円で出来る事例


・140万円~

屋根の重ねぶき(ガルバリウム鋼板使用)

120~250万円で出来る事例


・200万円~

瓦屋根をふき替え

屋根はふだん目に入りにくく、劣化が進んでも見落としがちな場所です。しかし紫外線や熱・風雨を直接受ける過酷な環境のため、家屋の中で最も傷みやすい部分の一部でもあります。屋根が古くなり傷みだすと水が家の中に入り込み、家の骨組みをカビや腐れでダメにしかねません。落ち葉やゴミがたまれば水はけが悪くなり、雨漏りの原因になることもあります。

屋根に関する基礎知識を押さえて適切なリフォームを行えば住居を長持ちさせることにつながります。