階段

階段のリフォームでは、段差を低くしたい、勾配を緩やかにしたいという希望が多くあります。しかし、古い住居や階段の形状によっては手間のかかるリフォームになる場合の多いため、家全体に関わる大規模なリフォームとあわせて行われることが一般的です。階段だけのリフォームでは、踏み板の交換や滑り止めの設置、手すりの設置や交換などの安全対策が主で、20~50万円が中心的な価格帯になります。

※総額は機器代金・材料費・工事費用、また諸経費や一般的な下地処理・解体・撤去費用等も含んだ参考金額です。機器・材料・工事費用などは一般的な事例であり、実際の住居の状況や必要諸経費などで変わってきます。

金額別リフォーム事例

20万円以下で出来る事例


・1.5万円~

階段に滑り止めシートを貼りつけ


・12万円~

階段に手すりを取り付け

20~100万円で出来る事例


・35万円~

手すりを取り付け、階段部材交換


・95万円~

階段用昇降機を据え付け

100万円以上で出来る事例


・130万円~

玄関からつながるとの階段の勾配変更

階段下収納新設




家庭での最も危険な場所の一つです。滑ったり転んだりしないよう、コストが多少上がってもなるべく安全な手すりをつけましょう。

天窓や飾り棚などを設けるとちょっと気の利いたスペースとなります。せっかくのリフォーム、雰囲気を変えてみるのもおすすめです。